まだLGBTという言葉が今ほど浸透していなかった2007年10月3日に、性的マイノリティのためのクリニックとして新宿区住吉町に開院した「しらかば診療所」。過去本誌でも長年に渡って健康面に関するコラム連載を担当していただいていた。セクシュアリティがどうしてもオープンになってしまう診察においても安心して受診することができることから、受診患者のうち49%がゲイ、レズビアン、トランスジェンダーの方々の利用だったそうで、性的マイノリティに寄り添い健康面から支援してきた。10年前と今ではLGBTや医療をめぐる状況は変化してきたものの、未だにセクシュアリティをオープンにできず、病院に行きづらいと感じる方も少なくはない。一人一人個性の違う患者さんに応えてくれる「しらかば診療所」、内科や精神科、HIVおよびSTD診療などもあるので、ぜひ気になった方は来院してみてほしい。

itoda
しらかば診療所 院長・井戸田一朗さんよりメッセージ
しらかば診療所は、ゲイやレズビアンなどの性的少数者のためのクリニックです。コミュニティの皆さんに支えられ、10月に10周年を迎えることができました。次の10年もどうぞよろしくお願いいたします。

スクリーンショット 2017-11-02 20.04.50

スクリーンショット 2017-11-02 20.04.53

スクリーンショット 2017-11-02 20.05.07

しらかば診療所 保険医療機関/指定自立支援医療機関
東京都新宿区住吉町8-28-B・STEPビル2F(都営新宿線曙橋駅 徒歩3分)
TEL/03-5919-3127 FAX /03-5919-3137(月・火曜日休診)
●水・木・金曜日…昼診/13:00〜16:30、夜診/18:00〜21:00
●土・日曜日…午前診/10:00〜12:00、午後診/14:00〜17:30
http://shirakaba-clinic.jp

Editor: