5_25_01

幼少期に見た大人のちんちんは、どれもでかくたくましかった…。また見たいなあ。でも、本当にあれって巨根だったの? チャイルドビジョンを使って検証してみたよ!

実践してみて分かることがあるんだ!

子供の時に見た大人ちんこはどれも大きいと感じていたのは私だけでしょうか?いいえ、きっと違いますよね。ふと見た学校の先生のおちんちん、銭湯で見た刺青の入った怖いおじさんのおちんちん、おじいちゃんのやけに長い金玉袋。私の脳裏にはしっかりと記憶されています。しかし、それって今見ても本当に巨根だったのでしょうか? 疑問が残ります。だって我々は大人になり、いくつものちんちんを見ているけれど、あの頃の「別物感」にはまだ出会ってないのですから。その謎を紐解くために、子供の目線に立って検証開始。

今回は、子供目線を擬似的に体感できるチャイルドビジョンを使いました。これを装着すると、視野が子供と同じになるそうです。それでは早速よくあるフェラのシーンを再現した画像でそれぞれ見比べてみましょう!!

5_25_02

5_25_03

上の画像は我々がよく見ている視野角での目線、下が子供の視野角での目線です。なんとなく、大きさの感じ方に差があるのが分かると思います。子供の方が視野が狭いので、注意散漫にならずに見るものがダイレクトです。美味しそうですよね(じゅる)。

5_25_04

大人の身長からチンコを見下げた時と、子供が大人のチンコを見上げた時のチンコの見え方を比べたものです。上から見たチンコは触れたくはなりますが偉大さは感じません。下からの見たチンコはうっとりと眺めてしまいます。舐めたいです(じゅるじゅる)。

◎検証結果◎

子供の視野角と、身長差によるアングルとで子供は大人のチンコを実際よりも大きく見ていたことは明らかです(もちろん、他の要因はあると思いますが)。そして、もうひとつわかったことがあります。おちんちんを少しでも大きく見せたい人は、低身長かつ、視力の弱い男性を誘うとより大きく見せれるということ。

※チャイルドビジョンは東京都のホームページなどから無料でダウンロードが可能です

YOU:低身長で視力の悪い、髪結いの30代。最近の流行は「ステマでモテる」。

Editor: