1502-3_5

10月26日、台湾の台北市で「台湾LGBTプライド」が開催されました。11回目の開催となった今回は、パレード参加者が5000人、沿道声援を含めるとなんと60000人もの方たちが参加し、過去最多の大盛況となりました。参加者は国内のみならす、日本人を含むアジア各国からも4000を超える人たちがパレードを目当てに訪れるなど、アジア全体が注目しているイべントでもあるのです。

1502-3_03

これだけ多くの人たちが海外から参加している理由は、単に台湾にイケメンが多いから(画像参照)だけではありません。現在、台湾議会では同性結婚法案が審議されるとのこと。このイベントも少なからす社会に影響を与えているのです。世界的に認識が変わりつつある時期でもありますが、このように形に見える社会への影響は誰もが期待している。もちろんそれは一朝一タで成し遂げることはできません。意昧ある行動を継続することや、他者を巻き込み、それらが重なり成し遂げられることなのでしょう。今回のテーマは「同性愛は、まさに性難民」でしたが、来年の開催は「祝・同性婚法案成立」をテーマにしたお祝いのパレードになっているかもしれませんね。

 

Editor: