©2016 Indigo Film–Titanus

onekiss02-01

不器用な3人の男女が描く誰よりも輝いた青春の日々

孤児で里親に迎えられたゲイのロレンツォ、尻軽女と罵られるブルー、バスケはうまいがトロいとバカにされるアントニオのはみ出し者3人による青春の煌めきと残酷さを描いたビタースイートな映画「最初で最後のキス」が6月2日より全国公開された。

2008年に実在したある事件を元に描かれた小説原作の本作は、イタリアでスマッシュヒットを飛ばし、ヨーロッパ各国の映画祭で多数の観客賞を受賞。

友情と恋、大切な絆や未来を、無知ゆえ自ら破壊してしまうリアルな描写は、若者を中心とした多くの人の心に突き刺さった。
いつの時代も思春期は期待と不安、膨らむ夢と絶望が背中合わせ一。ゆえに人生はときに私達を美しいものにしたり、恐ろしいものにしたりする…。

onekiss02-02

onekiss02-07

里親夫婦に温かく迎え入れた孤児のロレンツォ。晴れて新しい高校へ登校すると、隣の席になった女子のブルーと意気投合し2人は友達になった。


onekiss02-03

onekiss02-04

口数少なく、恥ずかしがり屋でどこか影を持っているアントニオに惹かれるロレンツォと、ブルーに密かに思いを寄せるアントニオの友情と愛情が交錯する。


onekiss02-05

onekiss02-06

レディー・ガガが大好きでスターを夢見るファッション大好きな16歳のロレンツォ。カラフルな色使いが心くすぐるイタリアらしいポップカルチャーにも注目。


監督のイヴァン・コトロネーオ氏は「枠を押し付けることや定義付けを明示すること、個人の自由の選択において、正しいか間違っているかは若者たちをくじかせ、不幸を強いる。」と語る。

現代を象徴する本作は、まさに今、生まれるべくして生まれた。

 

onekiss-poster

最初で最後のキス
6月2日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー
監督・原案・脚本:イヴァン・コトロネーオ出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー/ヴァレンティーナ・ロマーニ/レオナルド・パッザッリ/デニス・ファゾーロ/アレッサンドロ・スペルドゥーティ
2016年/イタリア/イタリア語/106分/カラー/シネマスコープ/ドルビー5.1ch
原題:Un Bacio 字幕:山田香苗 提供:日本イタリア映画社
配給:ミモザフィルムズ/日本イタリア映画社 宣伝:ミモザフィルムズ 後援:イタリア大使館/イタリア文化会館
http://onekiss-movie.jp

Editor: