01
© Dales Productions Limited/The British Film Institute 2017

東京・青山のスパイラルホールで今年の7月に開催された「第27回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」にてプレミアム上映され、700席のチケットが即完売。上映後の反響も大きく、海外では「2017年に公開されたイギリス映画の中で最も素晴らしい作品」と賞賛されたイギリスのゲイ映画「ゴッズ・オウン・カントリー」。

日本国内では今後のDVD化、インターネット配信、劇場公開の予定がないため、このチャンスを逃すと観られる機会は当面ないかも!

一人で観て泣くもよし、彼氏や好きな人とのデートで愛を深めるのもよし!の最高の感動作をぜひ、体験してください!

0203
© Dales Productions Limited/The British Film Institute 2017

ストーリー
“神の恵みの地”で、僕らは出逢い、愛し合った ――
2017年ベストゲイ映画が日本で観られるのは、これがラストチャンス!

青年ジョニー(ジョシュ・オコナー)は、老いた祖母(ジェマ・ジョーンズ)と病気の父(イアン・ハート)に代わって、ヨークシャーにある牧場をひとりで管理している。孤独でやり甲斐を感じられない寂れた牧場での日々の労働を、酒と行きずりの不毛なセックスで紛らわすジョニー。

ある日、季節労働者のゲオルゲ(アレック・セカレアヌ)が羊の出産シーズンに雇われる。初めは衝突する二人だったが、羊に優しく接するゲオルゲに、ジョニーは今まで感じたことのない感情を抱き、突き動かされていく…。ベルリン国際映画祭やサンダンス映画祭をはじめ、世界中の映画祭で多数受賞したほか、Rotten Tomatoesで99%の高評価を獲得した傑作!

04

「ゴッズ・オウン・カントリー」
公開日/12月2日(日)、7日(金)、17日(月)、19日(水) シネマート新宿
    12月9日(日) シネマート心斎橋にて、計5回のみ 超・限定公開!
監督・脚本/フランシス・リー
出演/ジョシュ・オコナー、アレック・セカレアヌ、ジェマ・ジョーンズ、イアン・ハート
原題/God’s Own Country
配給/filmott(フィルモット)
エンディングテーマ/パトリック・ウルフ「The Days」
イギリス/2017年/104分/カラー
https://twitter.com/filmott
https://youtu.be/k82uSzxItWI

 

Editor: