lgf01a201402011700ゲイライフでもそうでなくても、行きつくところは皆同じ。
であるならば、老人介護の施設を利用する人だっているはず。

昨今叫ばれてきた、差別是正は多かれ少なかれ前に進みつつあります。
今を生きるためのことの先には「老い」や「終い」が来ます。

その時のために、LGBTにフレンドリーな老人施設を作ろうとする動きがあります。
具体的に挙げると
●どういう建物がいいのか?
●どこに作ればいいのか?
●どういう中身にすればいいのか?
●LGBTシングルはどういう入居が望ましいのか?
●介護士などスタッフの理解は?
などなど。

発起人のひとり、アラスカ社の仲谷さんは、

そういった具体的なことを含め、まずは幅広い年代の方々に集まっていただき勉強会を開いて意見を集め、理想的LGBTに優しい老人ホームやケアハウス、サービス付高齢者住宅の早期実現に向けて活動していきたいと思っています。 そこで、ぜひとも勉強会に足を運んでいただいて皆さんの意見、経験、希望などをきかせていただきたいです。

とおっしゃっています。まずは話を始めるところから。
この機会にぜひ参加してみてはいかがだろうか。

誰にでも老後は来る
LGBT&シングルのための、今ふたたびのLIFE!

2015/06/14 (日)
14:00 – 16:00
大阪市北区中津1-6-29 ザ・セントラルマークタワー
イベント詳細はこちら

Editor: