08_01
 『弟の夫』第1巻が発売3日目で増版決定、
 『このマンガがすごい!WEB』7月のオトコ編にて2位を獲得するなど、
 一般メディアでも多くの注目を集めた。

・漫画家、田亀源五郎氏受賞インタビュー

ゲイコミック界の重鎮・田亀源五郎氏が一般誌で初の連載ということもあり、発売当初からゲイ・ノンケ問わず注目を集めていた『弟の夫』(双葉社・アクションコミックス)が、第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。本誌好評連載中でもある田亀氏に、今回の受賞に対する気持ちや『弟の夫』に込めた思いを伺いました。

 

—受賞おめでとうございます。まずは受賞にあたって現在の心境を教えてください。
・とても嬉しいです。そして応援してくださった皆様に感謝!

—『月刊アクション』で連載を始めたきっかけを教えてください。また『弟の夫』のコンセプトを教えてください。
・今の担当編集氏に「アクションで何かやりませんか?」と声をかけていただいたのがきっかけです。何回か打ち合わせを重ねた後、『弟の夫』のプロットを提案したところ良い反応をいただけて、後は連載スタートまでとんとん拍子という感じ。
コンセプトはノンケ向けゲイマンガ。ゲイをノンケさんとは無関係な特殊な存在としてではなく、同じ社会を構成している一員として描くことで、ゲイに関する様々なイシューやテーマを、ノンケ読者さんにも興味を持って読んでもらえるのではないかと思いました。

—一般誌とゲイ雑誌では読者ターゲットが大きく違うと思いますが、『弟の夫』連載で気をつけていることや、壁にぶつかることはありますか?
・第一ターゲットとしての読者層は主人公と同様に、実際のゲイについて何も知らない層を想定しているので、その視点をキープするように心がけています。伝えたい内容を伝えたい相手に、しっかり伝わるように描くということ。
壁にぶつかるということはないけれど、何しろ今まで描いてきたジャンルとは全く異なるので、「うわ、これ生まれて初めて描いた!」という物が多くて、そこはちょっと大変。可愛い幼女キャラを描くのは初めてだったし、バイブやSM道具なら何も見ないでもスラスラ描けるけど、掃除機や洗濯機は資料がないと描けない(笑)。

—『弟の夫』2巻が1月12日に発売されますが、1巻と2巻のみどころを教えてください。また連載中の今後のみどころも教えていただけたら嬉しいです。
・1巻では、ほのぼのファミリードラマ的な構図の中で、ノンケの弥一とゲイのマイクの間に生まれる緊張感や、2人の距離の変化などを楽しんでいただければ。ゲイ読者向けサービスの入浴シーンもあります(笑)。2巻になると距離がだいぶ縮まったこともあり、カミングアウトなど、より突っ込んだゲイ・イシューも登場します。今後の展開…は、とりあえず温泉旅行回は入れる予定(笑)。

08_02
無垢な心でゲイのマイクに接する娘の夏菜。
マイクを前に動揺を隠せないストレートの弥一など、
3人の対照的な関係が物語を加速させていく。

 

田亀先生、有難う御座いました。
『弟の夫』1巻は、楽天ブックス、Yahoo!ブックストア、電子書籍版(Kindle版)などで購入可能。また公式サイトで1話無料試し読みも公開中です。

画像=©田亀源五郎/双葉社

Editor: