marie19_new

1967年の初演以来、公演を重ね今もなお愛され続ける最高傑作「毛皮のマリー」が
2019年4月から6月にかけて東京・新国立劇場 中劇場ほか福岡・愛知・大阪にて上演される。

美輪様が演出・美術・主演を務め、妖しくも哀しい物語が
ゴージャスにして魅惑的な世界として描かれる。


あらすじ
花咲ける四十歳の男娼・毛皮のマリーは、美少年の欣也(きんや)を育てている。
欣也は18歳になるが一度も部屋の外へ出たことはない。

マリーが部屋に放した蝶を捕まえては標本にするだけの毎日を送っている。
そんな欣也のもとに美少女、紋白(もんしろ)が現れる。彼女は欣也を外の世界へ連れ出そうとするのだが…。


耽美・エロ・グロ・ロマンなど、視覚的に感覚的に、さまざまな要素をちりばめながら、家族のあり方や生きることの意味を描いており、また、母性の欠如、家族の崩壊が問われる現代にも通じる普遍的なテーマを持つ作品。

公演は、4月2日(火)から東京・新国立劇場 中劇場にて上演後、福岡、愛知、大阪を巡演予定。チケット好評発売中。


舞台「毛皮のマリー」
公演日程/2019年4月2日 (火) ~2019年4月21日 (日)
会場/新国立劇場 中劇場
作/寺山修司
演出・美術/美輪明宏
出演/美輪明宏
藤堂日向 麿 赤兒 深沢 敦
大野俊亮 三宅克幸 プリティ太田
小林永幸 真京孝行 松田拓磨
米田 敬 谷沢龍馬 菅沼 岳 川瀬遼太
樋口祥久 岡本祐輔 吉岡佑也 岩井克之
大濱和朗 重岡峻徳 重松直樹

http://www.parco-play.com/web/play/marie19/

Editor: