nekohadakumono_201802_02_fixw_730_hq

沢尻エリカ、6年ぶりの主演作が公開される。

物語の大半は「舞台風」の演出で、猫の見る世界と沙織の妄想の境界線が曖昧になっているが、決してふんわりした癒し系ファンタジーではなく、「一発屋の元アイドル」が芸能界で生き残るためにやってきた様々な過去、

・元芸能人のプライドを捨てきれず変な見栄を張る
・突然キレる
・女友達がいない
・すぐ男に騙される
・ちょっと条件が良い男を見るとすぐ妄想に走る

など、アラサー女子(とこれを読んでいるゲイ読者の皆さん)にありがちな沙織のひたすら痛いけれど憎めない生き様が描かれている。

沙織はゲイバーで「あんたオカマみたいな女ね」って言われてしまう、やさぐれキャラそのもの。そう、「オカマみたいな女」はとことん追い詰められてようやく、秘めた底力を発揮するのです。

ということで、最近もやもやした毎日を過ごしている人はこの作品で沢尻エリカと一緒に人生のヒントを探してみよう。
そして、いつでも愛情と温かさをあたえてくれる猫を抱きしめよう。


『猫は抱くもの』ティザーポスター-2

映画:猫は抱くもの
2018年6月23日(土)新宿ピカデリーほか、全国ロードショー
監督:犬堂一心/原作:大山淳子「猫は抱くもの」キノブックス刊/出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ、岩松了ほか/2018年/日本/109分/企画制作・配給:キノフィルムズ、木下グループ
http://nekodaku.jp
©2018『猫は抱くもの』制作委員会


ストーリー
一発屋の元アイドルグループの一員(端っこポジションで目立たない)だった沙織(沢尻エリカ)は、ひっそり片田舎のスーパーで無愛想に働いている(そしてレジ打ちが早い)。
そんな彼女の心を唯一癒してくれるのは倉庫でこっそり飼っているロシアンブルーの良男(吉沢了)だけ。毎日の出来事を、妄想まじりに報告している。一方の良男は自分が人間で沙織の恋人だと信じ込んでいる。
ある日、「ゴッホ」と呼ばれる売れない画家(峯田和伸)と出会い心が揺れている沙織の姿を目の当たりにした良男は、月の光に誘われるように外の世界に飛び出し、川に流されて様々な猫が集う橋下に辿り着く。
一方、沙織には再びテレビ出演の依頼が舞い込んでくるのだが…。


Editor: