4-5繝倥z繝シ繧キ繧・tangerine-flyer

 

舞台は、売春と薬物使用で悪評高いL.Aの下町。主演の2人は「その地域で働く女性たちの厳しい現実をありのまま伝え、それと同時に、彼女たち自身が楽しくて笑える映画であってほしい」と監督に伝え、その言葉通りに作品ができあがった。

 

主演の2人はもちろん、その他に登場するトランスジェンダーの身振り手振り、捲したてるオネエ言葉は偽りなくリアルなもので、親しみさえ感じるほどです。
インディーズ作品で尚且つ超低予算を逆手に取ったiPhoneでの全編撮影は、モデルたちを萎縮させずにリアルな表情を捉え、ゴッサムアワードなど数々の賞を総なめにし、映画監督・園子温は2015年の映画ベストワンにも選んだ本作。

セクシュアルマイノリティを扱った映画って堅苦しくて観る気がしない…。なんて思ってる人にはぜひ観てほしいオカマ心をくすぐる体感型ガールズムービーに仕上がってます。

Editor: