main-img

企業の取り組みは進んでも、カミングアウトできない人が多いのはなぜか?
特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティによるLGBTに関する職場環境アンケート2016 実施

特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティでは、2016年2月14日~3月31日にインターネット上で「LGBTに関する職場環境アンケート」を実施しています。これは国際基督教大学ジェンダー研究センターとの共同プロジェクトとして実施しているもので、今年で3回目になります。

この調査は、日本の職場ではなかなかカミングアウトできない性的マイノリティ当事者たちの声を、匿名のアンケートという形でデータにし、企業や行政に現状を訴え、対応を呼びかけることを目的としています。アンケートの集計・分析結果は、6月に東京で報告会を実施し、広く公開する予定です。

ぜひ今後のよりよい誰もが生きやすい社会実現のために、
アンケートにご協力よろしくお願いします。

スクリーンショット 2016-02-17 18.57.22
LGBTに関する職場環境アンケート2016
http://jp.surveymonkey.com/r/LGBT_WORK2016

「虹色ダイバーシティ」は、LGBTなどの性的マイノリティ(少数者)がいきいきと働ける職場づくりを通じて、性的マイノリティとその支援者(アライ)のエンパワーメント、性的マイノリティが暮らしやすい社会づくりを目指す団体です。

特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティ
http://www.nijiirodiversity.jp/
お問い合わせ:info@nijiirodiversity.jp(村木)

Editor: